「何時間もダラダラ寝ちゃう・・・」それも睡眠障害って知っていますか?

睡眠障害の様々な症状を知ろう

日本では睡眠障害の一つである「不眠症」に、実に20%もの成人が悩まされています。不眠症とは、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。しかし睡眠障害には不眠症以外にも、十分な睡眠を取っているにもかかわらず仕事中、食事中など何度も耐えがたい眠気に襲われる「過眠症」や、昼夜のリズムと体内時計とのズレにより、眠りたいあるいは眠るべき時に眠ることができない「概日リズム睡眠障害」、睡眠時に無呼吸や低呼吸が出現する「睡眠呼吸障害」など色々な症状があり、その原因も様々です。
夜しっかり寝ているはずなのに昼間も眠い、何時間もダラダラと寝続けてしまう…それもこれも、みんな睡眠障害のせいかもしれません。

サプリに睡眠をサポートしてもらおう

近年、市場には様々な睡眠サプリメントが登場していますが、使用されている成分は商品によって異なります。それぞれに違った効果がありますので、ご自身の症状に合わせてサプリを選ぶことが重要です。
もちろんサプリだけ飲めばいいということではありません。サプリはあくまでも食事で不足する栄養素を補助的に摂取するためのものですから、栄養バランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。
また、悪い生活習慣がサプリの働きを鈍くすることもあり得ます。「寝酒」や「睡眠前の入浴」は、脳や体が睡眠モードに入ることを妨げてしまうため、やめましょう。そして休日でも普段通りの時間に寝起きして1日のリズムを作り、より良い生活習慣を目指しましょう。そうすればサプリの効果が出やすいのはもちろん、睡眠の質も良くなるはずです。